×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

 

パソコン

基本操作

EnjoyPCLife

オリジナル企画

ウィンドウズを

快適に使おう

無料でできる

ウィンドウズ高速化

BitTorrentの

使い方

ウィンドウズXPを

ビスタ風スタイルに

HOME>>おすすめソフト>>CD・MP3関連>>CCCDをコピー

CCCD(コピーコントロールCD)をコピーする方法

こちらではCCCD(コピーコントロールCD)をCDにコピーする方法をお伝えします。

 

みなさんCCCD(コピーコントロールCD)というのはCDではないことをご存知ですか?

CCCDはCDの規格を満たしておらず、CDプレイヤーによってはうまく聴けないことすらあるのです。CCCDは個人的には消費者を無視した理不尽な規格だと思います。

 

ということで、コピーコントロールCDをそのままコピーする方法もありますが、コピーコントロールをのけて焼いたほうが本来のCDの音質や使いやすさにもどります。

(CCCDはプレイヤーを壊すことがあるばかりか、音質も本来のものより劣っている)

せっかく購入したのに、うまく再生できないプレイヤーがある場合なども、ぜひ一度お試しください。ただし、不正にCDをコピーするのは違法です。あくまでも個人所有のCCCDで試すようにしてくださいね♪

 

  1. CCCDをそのまま(CCCDのまま)コピーする方法 CCCDをそのまま(CCCDのまま)CDにコピーする方法
  1. CCCDから不要なデータを削除し、本来のCD形式に戻してコピーする方法 CCCDから不要なデータを削除し、本来のCD形式に戻してコピーする方法
  1. CCCDをMP3に変換 CCCDをMP3に変換する→こちらを参照してください。
  2. CCCDがパソコンで読み込めない CCCDがパソコンで読み込めない場合はこちらへ

 

 

 

CCCDをそのまま(CCCDのまま)コピーする方法

市販ソフトですが、これには「CloneCD5」を使うと簡単にできます。

もちろんコピーコントロールCDだけでなく、通常のCDやゲームソフトなどもコピーできます。あとで紹介する「CloneDVD 2」とセットで売っていることも多いので、気になる方はチェックしてみてください。

 

CloneCDの商品詳細 CloneCDの商品詳細

CloneCDとCloneDVDセット品の商品詳細 CloneCDとCloneDVDセット品の商品詳細

※ただし、購入はインターネット上からが超お得になります。詳細はこちらからどうぞ

 

CloneCDの使い方

※インストール方法は説明書を参照ください。

 

1、CD(CCCD)をパソコンに挿入する。

(自動で再生されたら、再生ソフトの起動を中止してください。)

次にCloneCDを起動する。

 

2、まずは@をクリック。

CloneCDの使い方

 

3、ドライブを選択し、「次へ」を押す。

CloneCDの使い方2

 

4、CDの種類を選んで(通常はAudio CDでOK)「次へ」を押す

CloneCDの使い方3

 

5、「書き込み成功時に削除する」をチェックし、「次へ」を押す。

CloneCDの使い方4

 

6、すると読み取りが始まります。

終了したら新しいCDを挿入するよう促されるので、セットします。

 

7、先ほどと同じように種類を選択し、「次へ」を選択すれば終了!

 

慣れれば操作自体は1分もかからないと思います。

個人的に、通常のCDコピーにはこの「CloneCD」を使っています。

 

EACでCCCDから不要なデータを削除し、CD形式に戻してコピー

少し手間はかかりますが、「ExactAudioCopy」(EAC)を使えば、コピーコントロールCDから不要なデータを削除して、本来のCD形式に焼き直すことができます。

そもそも、CCCDとは、本来のCDデータに、コピーを邪魔する不要なデータを加えることで作成されています。

ということは、その不要なデータを除いて焼き直せば、本来のCDに戻り、音質も改善され、再生の不具合もなくなります。

 

「EAC」の使い方

それでは「ExactAudioCopy」の使用方法をご説明します。

 

  1. 「ExactAudioCopy」のインストール方法 「ExactAudioCopy」のインストール方法
  2. 「ExactAudioCopy」の設定方法 「ExactAudioCopy」の設定方法
  3. 「ExactAudioCopy」の使用方法 「ExactAudioCopy」の使用方法

 

1、「ExactAudioCopy」のインストール方法

まずは「EAC」をインストールします。

下記のサイトから「ExactAudioCopy」をダウンロードしましょう。

セキュリティーの警告が出ることがありますが、警告部分をクリックして「ファイルのダウンロード」をクリックし、保存してください。

 

ExactAudioCopyをダウンロード ExactAudioCopyをダウンロード

 

EACの使い方

 

ダウンロードが終了したら「実行」してください。

 

→「Next」

EACの使い方2

 

→「I agree」

EACの使い方3

 

→「Next」

EACの使い方5

 

→「Install」

EACの使い方6

 

→「Finish」で終了!

EACの使い方7

 

2、「ExactAudioCopy」の設定

次に「EAC」の設定です。

まずは↓の画面になるので、「次へ」を押す。

EACの使い方8

 

→自動でドライブが検出されるので、もう一度「次へ」を選択

 

→ 「正確さ優先」を選んで「次へ」を押す

EACの使い方9

 

→もう一度「次へ」を押すと、自動でテストが始まるので終了まで待ちます。

 

→テストが終了すると↓の画面になるので「次へ」を押す。

EACの使い方10

 

→もう一度「次へ」を押す

 

→すると↓の画面になります。

このホームページを見ている方はすでに「LAME」を導入していると思うので、このまま「次へ」を押してください。

すると自動で検出が始まります。

EACの使い方11

 

→検出が終わると↓の画面になるので「次へ」を押します。

EACの使い方12

 

→E-MAILアドレス(適当なものでOK)を記入し、「次へ」を押します。

EACの使い方13

 

→最後にお好きなほうを選択し、「完了」で終了!!

通常は「私は初心者です〜」で十分です。

EACの使い方14

 

→最後に自動でCDデータを入力する設定です。

上の「EAC」→「EACオプション」を選択

EACの使い方15

 

→「全般」タブを選び、↓のようにチェックを入れる。

以上で終了です!

EACの使い方16

 

3、「ExactAudioCopy」の使用方法

いよいよ「EAC」の使用方法です。

「ExactAudioCopy」を起動し、CCCDをパソコンに挿入します。

すると↓の画面になります。

EACの使い方16

 

ここで注目して欲しいのが、@とAです。

CCCDの仕組みは、本来の楽曲データ以外に不要なデータを挿入して、パソコンに読み込ませないようにしてあります。

そのため、@のように音楽形式以外のデータがあれば、これが不要なデータになります。

それ以外に、Aの部分でやたらと大きなデータ(何百MBなど)があれば、これも不要なデータのことが多いです。(曲目と照らし合わせれば簡単に判明しますよね)

 

前置きが長くなりましたが^^;、それではいよいよCCCDを本来のCDに戻す作業です!

 

1、まずは音楽データを全て選択します。

EACの使い方17

「Ctrl」を押しながら楽曲を一つ一つ選択するか、Track1を一度クリックし、選択状態にした上で「Shiftキー」を押しながら最後の曲(ここではTrack19)を選択すれば、全ての曲(1〜19)が選択されます。

 

2、選択できたら、タイトル横の「WAV」をクリックすれば、変換が始まります。

EACの使い方18

 

3、変換が終了したら保存先を開き、「B's Recorder GOLD 9」「DeepBurner」などでCDに焼いてください。

 

WAVファイルをCDに焼く方法 WAVファイルをCDに焼く方法

 

これでCCCDを通常のCDとして扱うことができ、車のコンポなどでも音飛び無く聞くことができますよ(ノ゚▽゚)ノ

 

CCCD(コピーコントロールCD)がパソコンで読み込めない場合

CCCDがうまく読み込めない場合、例えばCCCDをパソコンに挿入し、「WINDOWS MEDIA PLAYER」などで再生できない、CDexで読み込めない、EACで読み込めない場合、これは残念ながらパソコンのドライブ自体が古く、うまくCCCDを読み込めていないことが考えられます。その際は面倒ですが、ドライブを交換するか増設するしかありません。

 

ただし、どのドライブにすれば必ず読み込めるという保障はありません。

しかしながら、最近のスーパーマルチドライブならかなりの確立でCCCDの読み込みが可能のようです。パソコン初心者の方には、内臓ドライブの交換は難しいかもしれませんが、USBで接続するタイプもあります。必要な方は近くのパソコンショップや、ウェブならアマゾン、アプライドなどで探してみてくださいね。

自分の場合は5000円程のスーパーマルチDVDドライブで読み込めました。逆に新しいパソコンのDVD-ROMタイプは不可でした。

ご参考までに・・・

 


HOME TOP 戻る