×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME

 

パソコン

基本操作

EnjoyPCLife

オリジナル企画

ウィンドウズを

快適に使おう

無料でできる

ウィンドウズ高速化

BitTorrentの

使い方

ウィンドウズXPを

ビスタ風スタイルに

HOME>>BitTorrent>>BitTorrent用語解説

BitTorrent(BT)用語解説

BT:BitTorrent(ビットトレント)には、.torrentファイルや、トラッカーサイト、シーダー、リーチャーといった独特な用語が出てきます。もちろん、それらの用語を知らなくてもBTのクライアントソフトを使用し、トレントファイルのダウンロードは可能ですが、BitTorrentの仕組みや用語を理解しておくほうが、より効率的にtorrentファイルのダウンロードが可能になると思います。

 

 

BT:BitTorrent(ビットトレント)用語解説集

 

BitTorrent

BitTorrent(ビットトレント)とは、Bit(情報の単位)とtorrent(激流)を合わせた造語であり、BTと略される事もある。その名の通り、多くの人から少しずつの情報を DLし、それが合わさり、激流のような高速なDLを実現する。従来のP2Pと異なり、新しく、人気のあるファイルほど高速にダウンロードが可能であるという点が大きな特徴である。

 

Seeder(シーダー)

ファイルを配布する人のことをシーダーと言う。ファイルを100%ダウンロードした後、接続を切らずにそのままにしておくと、 自動的にシーダーになる。BitTorrentは参加者同士が、できるだけアップロード帯域を提供する事によって、ファイルの効率的な転送と、配布者の負荷の低減が実現されており、全てのユーザーが、できるだけ長く接続を続け、シードの状態を保つ事が期待されている。ちなみにシードが0の場合、ダウンロードは原則的に完了しない。

 

Leecher(リーチャー)

Leecher(リーチャー)とはヒル(Leech)の造語で、完成したファイルを持っていないダウンロード中の人のこと。P2Pの世界では、自分だけが利益を得て、それを他人に還元しない人の意味に使われることが多いが、BTではファイルをDLすると同時にファイルを他にULしているので、最近は単純に「ダウンロード中のピア」として使われることが多いようである。ただし!DLが終了した後、すぐに接続を切ると、利益を還元しない者として嫌われ、場合によってはトラッカーからBANされることもあるので注意が必要である。

 

Peer(ピア)

Peer to Peer(P2P)のPeerで、BTでは、SeederとLeecherの両者のことをあらわす。 torrent(トレント) Bittorrentでファイルを配布する場合に必要な情報が記された小さなファイルのこと。「.torrent」という形式のファイルのこと。

 

Tracker(トラッカー)

クライアントからの要求に応じ、ピアのIPアドレスとポートの一覧を更新して返すプログラムサーバ。このプログラムが組み込まれたサイトをトラッカーサイトと呼ぶ。トレントファイルをダウンロードするのに必要で、良いトラッカーサイトを見つけることが、BT(BitTorrent)を楽しむ上で重要である。

日本ではこのトラッカーサイトのことを「虎」と称することもある。

グーグルなどで「bt tracker(orトラッカー) キーワード」という感じで検索すれば新たなトラッカーサイトが見つかるかも。

 

Share Ratio(負担率、共有比)

トレントファイルに対しての、「アップロード量:ダウンロード量の比率」のこと。負担率が1.0または100%以上で、ダウンロードした分に相当するアップロードを行なっていることになる。負担率が低いと、トラッカーサイトによってはBANされることも。

 

Health(健康度)

ピアがダウンロードしているファイルの断片を全て集めた場合に 何個分のファイルができるかをおおまかにあらわした数。これが1.0または100%以下だとそのファイルは完成しない可能性が高い。

 

 

 

パソコン初心者応援サイト、よっしーの「EnjoyPCLife」EnjoyPCLife  BT:BitTorrent(ビットトレント)の使い方:トップBitTorrentの使い方  BT:BitTorrent(ビットトレント)用語解説このページのトップへ